講談協会オフィシャルウェブサイト

講談とは? 講談師プロフィール 営業のごあんない ご贔屓連入会のごあんない 公演カレンダー 各演芸場 地図 お問い合わせ

講談とは? 講談とは?/ 講談を楽しむための三つのポイント

其の壱 「講談」と「落語」はどう違うの

「講談」と「落語」はどう違うの?
「講談」「落語」はことあるごとに比較されています。
その違いは一体どこにあるのでしょうか。簡単に言ってしまえば、「落語」が会話によって成り立つ芸であるのに対し、「講談」は話を読む芸という言い方ができます。勿論、読むといっても単なる朗読とは違い独特のしゃべ調子と小道具の使い方で展開される訳なのです。よく使われる小道具として有名なのが張り扇と釈台(机)です。
張り扇で釈台を叩きパパンという音を響かせて調子良く語ります。この小道具を巧みに使った芸こそ「講談」ならではのものです。
また、「講談」は「落語」と比較して歴史が古く、奈良、平安の頃にその原型が見られます。但し、一般に良く知られる「講談」の始まりは「太平記読み」とされています。食に困った浪人が老若男女を集めて「太平記」を面白おかしく読んで聞かせたというものです。
これが「講談」のルーツです。

其の弐 講釈師、見てきたような嘘をつき。パパン、パン、パン、パン。

張り扇で釈台を叩き、調子良くメリハリをつけて語ります。
「講談」は何よりもそのリズムが命です。リズミカルな話芸の妙味によって、どんな荒唐無稽なお話でも嘘いつわりのない本当の出来事のように思わせてしまいます。「講釈師見てきたような嘘をつき」「講釈師扇で嘘を叩き出し」とは昔からよく使われる言葉です。
嘘のことも本当にしてしまう話芸のマジック。そこにこそ講談最大の魅力があるのです。

其の参 黄門様も講談が本家本元。

「この紋所が目に入らぬか!」今でもTVドラマで人気者の水戸黄門。もともと江戸時代に「黄門漫遊記」のタイトルが講談で扱われたことが人気を得たきっかけです。以来、実際には旅行などめったにしなかった黄門様はスーパースターの道を歩き始めました。その他、大岡越前、国定忠治、柳生十兵衛、清水次郎長など映画、TVのヒーロー達の活躍も講談が生みの親と言えます。いわば講談は話の宝庫。一度高座をお聞きになれば話の収集家になれること間違いありません。
さて、どうでしょう、講談についてご理解頂けましたか?その他、お客様より良く質問を受ける内容について「Q&A」でお答えしましたので、あわせて御覧下さい。
講談Q&A

Q. 講談はどこで聴けます(観られます)か?

A. 講談協会では永谷演芸ホールのうち上野広小路亭日本橋亭にて定期公演を行っております。
また、協会員個人の会なとも多数開かれておりますので、詳しくは当ホームページの公演カレンダーを御覧下さい。

Q. 講談にも新作はありますか?

A. あります。
古くから読み継がれている古典の他、オリジナルで講談を作る講談師も多く、それらが新作と呼ばれます。

Q. 講談師にも階級はありますか?

A. 真打、二ツ目、前座と三つの階級があります。

Q. これが聞きたい!特定のネタがあるのですが・・・?

A. 講談協会主催の定席ではトリ(その日の最後の出演者)のネタはチラシに明記してあります。
また、「講釈師、冬は義士、夏はお化けで飯を食い」と申しまして、冬には赤穂義士伝、夏には怪談が多くかかるといった
傾向もあります。

Q. 出張講談も受け付けてもらえますか?

A. もちろんです!
全国どこへでも伺います。詳しくは営業のごあんないを御覧下さい。

Q. 講談師になるには?

A. プロの講談師に!という方は、講談師に弟子入りすることになります。その後、講談協会に入会し前座修行を始めます。

Q. 講談を習いたいのですが?

A. アマチュアとして講談を習いたいという方のために、多くの講談師が教室を開いています。
教室を開いている場合はプロフィールに明記してありますのでご参照下さい。

Q. 寄席を企画したいのですが?

A. 講談協会にご相談下さい。
ご要望、ご予算などに応じて企画、講談師の派遣を致します。詳しくは営業のごあんないを御覧下さい。

Q. 張り扇はどこで売っていますか?

A. 残念ながら張り扇は売っていません。
講談師が使っているのは、皆、手作りです。扇を真ん中で二つに割り、和紙で包んで作ります。