講談協会オフィシャルウェブサイト

講談とは? 講談師プロフィール 営業のごあんない ご贔屓連入会のごあんない 公演カレンダー 各演芸場 地図 お問い合わせ
かんだ かおり
神田 香織
本名 武谷 光子 神田 香織
階級 真打
協会内での役職
生年月日
出身地 福島県いわき市
芸歴 福島県立磐城女子高校卒業後、東京演劇アンサンブル、渡辺プロダションドラマ部を経て1980年二代目神田山陽門下生となる。

二ツ目以降ジャズ講談や一人芝居の要素を取り入れた神田香織独自の講談を次々発表、講談の新境地を切り開いている。

1986年 「講談はだしのゲン」公演で日本雑学大賞受賞。
1994年 いわき市に居を移し地域に残る民話や伝説を演劇や講談で掘り起こすなど地域興しに貢献。
2003年 再び東京都民となる。日本演芸家連合加盟、講談協会会員。
1980年  神田山陽門下生となる。
1984年  二ツ目昇進。
1985年  講談の可能性を追求する三部作として「剣舞入り講談」「JAZZ講談」「寺山修司作品」など発表。
1986年  国立劇場演芸場にて「はだしのゲン」発表。
1988年  芝ABCホールにて「はだしのゲン2」発表。
1989年  真打ち昇進。
1990年 「講談 女医レニアの物語」発表。
1992年  武蔵野芸能劇場にてオリジナル作品「新釈ロマンホラー・四谷怪談」。
1995年  いわき市内に定席「うえだ寄席」開設。
1996年  芝居と語りによる「いわき発・安寿と厨子王物語」発表。
1997年  音曲と語りによるリニューアル版「安寿と厨子王物語」発表。
1999年  立体講談「磐城平藩主 安藤対馬守 見参」発表
2000年  立体講談「磐城平藩主 安藤対馬守 見参」東京公演
2000年  漢方復興講談「和田啓十郎伝」発表
2002年  立体講談「チェルノブイリの祈り」発表
2006年  防災講談「稲むらの火・浜口梧陵伝」発表
2007年  防災講談「杢坂の由来」発表
2007年  JAZZ講談「ビリー・ホリディ物語り」発表
2008年 「国鉄労働者(ぽっぽや)義士伝」 発表
2008年10月 「常磐炭鉱余聞ーフラガール物語」発表
2009年3月 米軍ジェット機墜落事件「哀しみの母子像」発表
2010年11月 やより賞・やよりジャーナリスト賞特別賞(大衆普及)」受賞
2012年  多田謡子反権力人権賞受賞


☆2008年から講談教室 講談サロン「香織倶楽部」主宰
  各地で「話し方」「講談教室」を開催


☆新内 富士松鶴千代に師事し2007年名取り 富士松千代香を拝命


☆主な舞台「極楽島物語」東宝 ’80、81年。
     「ミュージカル・オーソノソノ」博品館劇場 ’86年。


☆主な著作
2005年 「花も嵐も、講釈師が語ります」七つ森書館
2010年 新作講談の創り方語り方「 乱世を生き抜く語り口を持て」インパクト出版会
2014年 「3.11後を生き抜く力声を持て」 インパクト出版会
主な読み物 主なオリジナル作品は「はだしのゲン」「新釈四谷怪談」「いわき発安寿と厨子王物語」「磐城平藩主 安藤対馬守信正見参」「和田啓十郎伝」「瓜生岩子物語」など多数。
趣味
備考 昭和61年 「講談はだしのゲン」公演で日本雑学大賞受賞
平成7年 いわき市サンシャイン大使に任命
平成10年5月 いわき商工会議所婦人会名誉会員となる
著書「女医レニアの物語」(主婦の友社)ほか


●連絡先 (有)オフィス・パパン
〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-28-2参宮橋マンション3-A

Skype :officepapan

一般回線 03-3373-0425   fax 050-3156-2627

●Eーmail papan{atmark}ppn.co.jp
{atmark}を@に置き換えてください。


●写真(チラシ・舞台写真)
http://www.ppn.co.jp/kannda/shasin/chirashi/forchirashi.html
自身のホームページ http://www.ppn.co.jp/kannda/
▲一覧へ戻る